梅原龍三郎 (ウメハラ リュウザブロウ)

作家についての紹介/履歴

1888年(明治21年)京都府京都市下京区生まれ。
1903年(明治36年)浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現・関西美術院)に入る。
1908年(明治41年)フランスに留学。アカデミー・ジュリアンに通う。
1909年(明治42年)ルノワールの指導を受ける機会を得る。
1910年(明治43年)ルノワールやパリの芸術について、雑誌『白樺』に寄稿する。
1913年(大正2年)白樺社の主催により東京神田で個展「梅原良三郎油絵展覧会」を開催。
1914年(大正3年)二科会の設立に関わる。
1922年(大正11年)春陽会の設立に参加。
1925年(大正14年)土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部、通称「第二部」を設置した。
1935年(昭和10年)帝国美術院(現・日本芸術院)会員となる。
1944年(昭和19年)帝室技芸員となる。東京美術学校(現:東京芸術大学)教授となる。
1952年(昭和27年)ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員を務める。文化勲章受章。
1986年(昭和61年)逝去。享年97歳。

買取実績

  • 大仁富士
    2016.09.01
pagetop