海老原喜之助 (エビハラ キノスケ)

作家についての紹介/履歴

1904(明治37)年鹿児島市に生まれる。
1917(大正6)年鹿児島県立志布志中学校に入学。
1921(大正10)年上京。有島生馬に師事し川端画学校に学ぶ。
1922(大正11)年志布志中学校卒業。再度上京し川端画学校、アテネ・フランセに学ぶ。
1923(大正12)年渡仏。9月二科美術展に入選。
1924(大正13)年サロン・ドートンヌに入選。
1934(昭和9)年日動画廊で第1回個展開催。
1935(昭和10)年独立美術協会会員となる。
1946(昭和21)年3月第1回新興日本美術展覧会審査員となる。
1947(昭和22)年第2回熊日綜合美術展審査員となる。「蹄鉄」を特別出品、以後毎回審査を担当し、特別出品する。
1950(昭和25)年第1回南日本文化賞を受賞。
1951(昭和26)年第3回日本アンデパンダン展に「スタートへ」「殉教者(サン・セバスチァン)」(文部省買上げ)を出品。
海老原美術研究所を創立。
1952(昭和27)年福沢一郎・海老原喜之助展覧会を開催。(神奈川県立近代美術館)
サロン・ド・メに招待出品。
1953(昭和28)年第3回熊日社会賞を受賞。
1954(昭和29)年海老原喜之助自選回顧展を熊本で開催。
第3回西日本文化賞受賞。
1955(昭和30)年熊本市郊外小峰墓地の忠霊塔を飾る「殉教者」のブロンズ・レリーフを完成。
第3回日本国際美術展に「靴屋」を出品、佳作賞を受賞。
1957(昭和32)年5月第4回日本国際美術展に「燃える」を出品し、国立近代美術館賞を受賞。
第2回現代ふらんすクリチック賞絵画展に賛助出品する。
1959(昭和34)年第5回日本国際美術展に「蝶」を出品、最優秀賞を受賞。
西部秀作展に「大道の物売り」を出品、最優秀賞を受賞。
1960(昭和35)年第5回日本国際美術展出品作「蝶」により第1回毎日芸術賞受賞。
1964(昭和39)年15回記念選抜秀作美術展「雨の日」招待出品。
1965(昭和40)年東京日蓮宗寺院・乗泉寺本堂ガラス・モザイク壁画「合掌」完成。
画集「海老原喜之助」出版。
1967(昭和42)年日動画廊で陶彫、油絵、素描を展示する海老原喜之助新作展開催。
熊本で海老原喜之助展開催。
1970(昭和45)年逝去。享年66歳。勲三等旭日中綬章受章。
1971(昭和46)年海老原喜之助展を開催。(東京・日本橋・高島屋)
海老原喜之助デッサン・水彩・版画展を開催。(神奈川県立近代美術館)
pagetop