岡田謙三 (オカダ ケンゾウ)

作家についての紹介/履歴

1902(明治35)年神奈川県横浜市に生まれる。
1922(大正11)年東京美術学校西洋画科に入学、同期生に小磯良平、牛島憲之、山口長男、猪熊弦一郎らがおり、そのグループ「上杜会」は現在も続く。
1924(大正13)年渡仏、半年間アカデミー・ド・ラ・グランド・ショミエールでデッサンを学ぶ。
1927(昭和2)年サロン・ドートンヌに「ボートのある海浜風景」が入選。
1929(昭和4)年第16回二科展に「女の部屋」「夏休み」が初入選。
1930(昭和5)年日本橋三越において個展をひらく。
第17回二科展に「白衣の女」が入選。
1931(昭和6)年第18回二科展に「婦人像」「婦人像」「花売」が入選する。
1932(昭和7)年第19回二科展に「バルコン」「舞」「アコーデオン」が入選する。
1933(昭和8)年第20回二科展に「舞台」「朝」「少女」が入選し、特待に挙げられる。
1937(昭和12)年第24回二科展に「つどひ」「海辺」「裸婦」を出品、会員に推挙される。
1939(昭和14)年昭和洋画奨励賞を受賞。
日本大学芸術科講師に招かれた。
1947(昭和22)年第1回会員努力賞を受賞。
1950(昭和25)年渡米し、ニューヨークに住む。
1953(昭和28)年ベティ・パーソンズ画廊で第1回個展を開催。
1955(昭和30)年サンパウロ・ビエンナーレ出品、ピッツバーグ国際美術展ガーデン・クラブ賞受賞コーコラン美術館でイサム・ノグチとの2人展開催。
1957(昭和32)年コロンビア絵画ビエンナーレ1等賞。
1958(昭和33)年ベネチア・ビエンナーレで日本人として初めてアストーレ・マイエル賞
ユネスコ絵画コンテスト最高賞を受賞。
1959(昭和34)年以降 ホイットニー美術館の現代アメリカ絵画展出品。
1960(昭和35)年フォード財団美術賞受賞。
1967(昭和42)年「渡米後の回顧展」により第8回毎日芸術賞を受賞。
1982(昭和57)年逝去。享年79歳。東京・福岡で大回顧展を開催。
pagetop