岡田三郎助 (オカダ サブロウスケ)

作家についての紹介/履歴

1869年現在の佐賀県佐賀市生まれ。
1887年洋画家・曽山幸彦の画塾に入門し、曽山の逝去後は堀江正章に学ぶ。
1892年洋風絵画専修のため大幸館に入学。堀江正章の指導を受ける。
1893年大幸館規定の科目を卒業。
1896年白馬会の創立に参加。
1897年第1回の文部省留学生としてフランスに留学。ラファエル・コランに師事する。
1902年帰国し、東京美術学校の教授に就任。
1907年東京勧業博覧会出品の『婦人像(某婦人の肖像)』が1等賞受賞。
文展の審査員に選ばれる。
1912年藤島武二と本郷洋画研究所をする。
1919年高村豊周、長原孝太郎、藤井達吉らと装飾美術家協会の結成に加わる。
帝国芸術院会員となる。
1930年文部省より欧州出張を命じられ渡欧。11月帰国。
1934年帝室技芸員となる。
1937年第1回文化勲章を受章。帝国芸術院会員となる。
1939年逝去。
1940年岡田三郎助遺作展覧会を開催。(東京府美術館、大阪市天王寺美術館)
pagetop