金山平三 (カナヤマ ヘイゾウ)

作家についての紹介/履歴

1883年(明治16年)兵庫県神戸区(現在の神戸市中央区)に生まれる。
1905年(明治38年)9月東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科本科に入学。
主任教授である黒田清輝らに師事する。
1909年(明治42年)3月東京美術学校西洋画科を首席にて卒業。同校西洋画科研究科に進み助手となる。
1912年(明治45年)パリへ渡る。
1916年(大正5年)第10回文部省美術展覧会(文展)初出品『夏の内海』初入選。特選第二席にもなる。(文部省買い上げ)
1917年(大正6年)『氷辷り』第11回文展特選第一席となる。
1919年(大正8年)帝展審査委員に選任される。(1924年には帝展委員となり、後に審査員となる)
1922年(大正11年)第4回帝展に『下諏訪のリンク』を出品。
1928年(昭和3年)第9回帝展に『菊』を出品。
1929年(昭和4年)第10回帝展に『東北地方の春』を出品。
1933年(昭和8年)第14回帝展に『風雨の翌日』を出品。
1944年(昭和19年)帝室技芸員となる。
1945年(昭和20年)皇太子(現在の今上天皇陛下)および義宮(現在の常陸宮正仁親王殿下)に作品を献上。
1946年(昭和21年)文部省より日本美術展覧会(日展)の審査員に選ばれるも辞退。
1953年(昭和28年)「近代洋画の歩み-静養と日本」展に『夏の内海』と『下諏訪のリンク』が出品。
1956年(昭和31年)日本橋高島屋にて金山平三画業五十年展が開催。
1957年(昭和32年)日本藝術院会員となる。
1959年(昭和34年)日展顧問となる。第2回新日展には『渓流』を出品する。
1961年(昭和36年)川崎重工業株式会社に自選作品100点(翌年38点追加)の永久保管を願い出て、同社によって嘱託として処遇される。
1964年(昭和39年)逝去。享年81歳。叙位・叙勲もすべて辞退。
1970年(昭和45年)兵庫県立美術館に、開室期間が限定の金山平三記念室が設けられる。
2008年(平成20年)笠間日動美術館において『金子コレクションから見た金山平三の世界』展が開催。
2012年(平成24年)兵庫県立美術館において『開館10周年記念 日本の印象派・金山平三展』が開催。
pagetop