木村忠太 (キムラ チュウタ)

作家についての紹介/履歴

1917年香川県高松市に生まれる。
1937年独立美術協会展にて初入選。
1943年帝国美術学校本科に入学。
1948年独立美術協会会員となる。
1953年渡仏。
1954年パリのアール・ヴィヴァン画廊と契約する(1963年まで)。
1957年ルーヴル美術館のパリ・ビエンナーレに出品する。
1958年ニューヨークのデイヴィッド・フィンドレー画廊で個展開催。
1963年「シャトネーの庭」がパリ市買い上げとなる。
1965年パリのクリエジェル画廊にて個展開催。(以後、定期的に個展を開く)。
1966年東京、日動画廊で個展。
1970年サロン・ドートンヌの会員となる。
1979年ポンピドゥー・センターの「画家の視線」展に出品。
1980年グラン・パレ美術館の現代美術フェアに出品。
1981年東京国立近代美術館に「谷間」が買い上げとなる。
1984年フランス政府より芸術文化勲章授与。
1987年ニューヨーク、グリーンストリート112で個展。
逝去。
pagetop