国吉康雄 (クニヨシ ヤスオ)

作家についての紹介/履歴

1889年岡山市中出石町(現 出石町1丁目)に生まれる。
1906年岡山県立工業学校(染繊科)を退学し、渡米。
1907年働きながらロサンゼルス美術学校夜間部に通う。
1914年インディペンデント・スクール・オブ・アーツに入学。
1916年アート・スチューデンツ・リーグに入学。
1917年独立美術家協会第一回展に出品。
画家の集団ペンギン・クラブに加わる。授業料免除の奨学金を受ける。
1920年リーグを退学。
1922年ニューヨークのダニエル画廊と契約し、初の年次個展を開く。
ウッドストックの出版社が国吉の画集を出版。
1929年ニューヨーク近代美術館の「現存アメリカ19人展」に選出される。
1931年25年ぶりに帰国。岡山、東京、大阪で個展を開催。
1932年美術家団体アン・アメリカン・グループの設立に関わる。
ラジオ・シティ・ミュージック・ホール中二階婦人化粧室の壁画を完成。
1933年ダウンタウン画廊で個展開催。母校リーグで教職に就く。
1934年ペンシルヴァニア・アカデミー・オブ・ザ・ファイン・アーツ「第129回年次展」にてテンプル・ゴールド・メダル受賞。
ロサンゼルス・カウンティ美術館展にて二等賞を受賞。
1936年ニュー・スクール・フォア・ソーシャル・リサーチで教え始める。
左翼系の美術家団体アメリカ美術家会議に参加するも、まもなく退会。
1939年アン・アメリカン・グループの会長となる。(1944年まで務める。)
ボルチモア美術館の「6人の現存アメリカ作家展」に選ばれる。
ピッツバーグのカーネギー「第37回国際絵画展」にて二等賞を受賞。
1940年自伝的随筆「東から西へ」を「マガジン・オブ・アーツ」誌に寄稿。
1942年アメリカ合衆国戦時情報局の要請により、日本人向け短波放送の演説原稿を書く。
1944年ペンシルヴァニア・アカデミー「第139回年次展」でJ・ヘンリー・シャイト記念賞を受賞。
カーネギー「アメリカ合衆国絵画展」で一等賞を受賞。
1945年アート・インスティテュート・オブ・シカゴ「第56回アメリカ絵画年次展」でノーマン・ウェイト・ハリス青銅牌を受賞。
1947年美術家組合の初代会長となる。(1951年まで務める。)
1948年「ルック」誌の現代アメリカの10人の画家に選出される。
ホイットニー美術館が現存画家としては初の回顧展を開催。
シンシナティ美術館の「アン・アメリカン・ショー」に6人のアメリカ人画家の一人として出展される。
1952年A・コールダー、E・ホッパー、S・ディヴィスとともにヴェネチア・ビエンナーレのアメリカ代表作家に選ばれる。
毎日新聞社主催「第一回日本国際美術展」のアメリカ部門の作品を選考する。戦後はじめてアメリカ現代美術を日本に紹介。
1953年逝去。
pagetop