黒田清輝 (クロダ セイキ)

作家についての紹介/履歴

1866年鹿児島県に生まれる。
1878年高橋由一の門人細田季治につき、鉛筆画ならびに水彩画を学ぶ。
1883年寺尾寿からフランス語を学ぶ。外国語学校フランス語科二年級に編入される。
1884年フランスへ留学。パリのアンスティテュション・ゴッファールに入塾する。
1885年リセ・ジンソン・ド・サイイに入学。
1886年ラファエル・コランに師事する。
1887年アカデミィ・コラロッシのコラン教室において絵画を専修する。
1891年ソシエテ・デザルティスト・フランセのサロンにて「読書」入選。
1892年3月明治美術会第4回展へ参考品として「読書」を出品。
1893年ソシエテ・ナショナル・デ・ボザールのサロンに「朝妝」入選。
1894年天真道場設立。
明治美術会第6回展に「朝妝」出品。
1895年第4回内国勧業博覧会審査員となり「朝妝」出品。裸体画問題おこる。
1896年東京美術学校講師となる。白馬会を創立。
1897年白馬会第2回展に「智・感・情」「湖畔」など出品。
1898年東京美術学校教授となる。
1900年パリ万国博覧会に「智・感・情」「湖畔」など5点出品。銀賞を受賞。
1905年白馬会機関誌『光風』創刊。
1907年東京勧業博覧会審査員となる。文展審査委員となる。
1908年第2回文展に「春の名残」「テリー氏肖像」「樹かげ」など3点出品。
1909年第3回文展に「鉄砲百合」など2点出品。
1910年第2回東京府美術及美術工芸審査員となる。文展審査員となる。
第4回文展に「荒苑斜陽」を出品。帝室技芸員となる。
1911年白馬会解散。文展審査員となる(以後大正7年第12回まで毎年委員となる)。
1913年国民美術協会会頭に推挙される。
1914年東京大正博覧会審査員となる。清輝画集第1集刊行。
1919年国民美術協会会頭に再選される。
帝国美術院会員となる。
1920年貴族員議員当選。
1921年ロイヤル・アカデミィ・インスティテュト・オブ・オイル・ペインターズの会員に推挙される。
1922年フランス政府より、クロワ・デュ・コマンズール・エトワール・ノワル勲章を贈与。
帝国美術院長に就任。
1923年フランスより、コマンズール・ド・ロルドル・ナショナル・ド・ラ・レジョン・ドヌール勲章を贈与。
1924年フランス政府より、グラン・クロワ・ドラゴン・ド・ランナン勲章を贈与。
逝去。叙従三位勲二等授旭日重光章。
pagetop