小磯良平 (コイソ リョウヘイ)

作家についての紹介/履歴

明治36年(1903)神戸市神戸(現中央区)にて生まれる。
大正11年(1922)東京美術学校(現東京芸術大学)の西洋画科に入学。
大正14年(1925)帝展(帝国美術院美術展覧会)に入選。
大正15年(1926)『T嬢の像』(兵庫県立美術館蔵)が特選となる。
昭和2年(1927)首席にて卒業。
昭和3年(1928)フランスへ留学。(約二年間)
昭和11年(1936)「新制作派協会」(現・新制作協会)の結成に加わる。
昭和16年(1941)群像画の傑作「娘子関を征く」と「斉唱」を発表する。
出版の『東京八景』(太宰治)の装丁を手がける。
昭和22年(1947)「兵庫県民歌」楽譜の表紙画を手がける。
戦後、東京藝術大学教授を務める。(同大学名誉教授の号を授与)
定年退官後、迎賓館(赤坂)大広間の壁画「絵画」「音楽」を制作する。
昭和45年(1970)日本聖書協会の依頼により32点の聖書の挿絵を完成させる。
昭和63年(1988)逝去。
平成4年(1992) 「小磯良平大賞展」が創設される。
pagetop