小寺健吉 (コデラ ケンキチ)

作家についての紹介/履歴

明治20(1887)年岐阜県大垣市に生まれる。
明治39(1906)年東京美術学校西洋画科に入学し、長原孝太郎、小林万吾、和田英作、黒田清輝に指導を受ける。
明治44(1911)年卒業。
明治45(1912)年光風会第1回展に「日比谷音楽」「花」を出品。(以後同展に出品を続ける)
大正3(1914)年第3回展「女」など4点を出品して今村奨励賞を受賞。
第8回「浅草の夏の真昼」、第9回「水のほとり」で褒賞受賞。
大正12(1923)年一年余り渡欧。
昭和3(1928)年第9回帝展出品作「南欧のある日」で特選受賞。
昭和4(1929)年無鑑査出品。以後推薦となる。
昭和8(1933)年年光風会評議員となる。
昭和15(1940)年紀元2600年奉祝美術展に「細雨」を出品。
昭和18(1943)年第6回新文展出品の「山狭」が黒田子爵奨励資金買上となる。
昭和25(1950)年第6回日展で、初めて審査員(以後5回)を務める。
昭和40(1965)年「画業50年記念展」(日本橋・三越)を開催。
昭和45(1970)年日展参与となる。
昭和52(1977)年日展から顕彰状が贈与。逝去。享年90歳。
pagetop