小林和作 (コバヤシ ワサク)

作家についての紹介/履歴

1888年(明治21年)山口県吉敷郡に生まれる。
1918年(大正7年)日本画から洋画に転向。
1920年(大正9年)鹿子木孟郎の画塾に通う。
1921年(大正10年)上京して梅原龍三郎・中川一政・林武らの指導を受ける。
1924年(大正13年)第2回春陽会に「夏の果実」を出品し初入選。
1927年(昭和2年)春陽会会員となる。
1928年(昭和3年)渡欧。
1934年(昭和9年)春陽会を脱会。独立美術協会会員となる。
1952年(昭和27年)中国文化賞受賞。
1953年(昭和28年)芸術選奨文部大臣賞受賞。
1971年(昭和46年)勲三等旭日中綬章授与。尾道市名誉市民、秋穂町名誉町民となる。
1974年(昭和49年)逝去。享年86歳。
pagetop