小山敬三 (コヤマ ケイゾウ)

作家についての紹介/履歴

1897年(明治30年)長野県小諸市に生まれる。
1915年(大正4年)旧制長野県立上田中学校を卒業。慶應義塾大学予科入学。
1916年(大正5年)慶應義塾大学理財学科を中退。川端画学校にて藤島武二に師事する。
1920年(大正9年)島崎藤村のアドバイスによりフランスへ留学。アカデミー・コラロッシでシャルル・ゲランに油絵を学ぶ。
1922年(大正11年)サロン・ドートンヌに入選。
1927年(昭和2年)パリのバレンヌ画廊で個展開催。仏政府買上げとなる。
1933年(昭和8年)サロン・ドートンヌ審査員に委嘱。
1936年(昭和11年)石井柏亭、有島生馬、安井曽太郎らと一水会を結成。
1956年(昭和31年)画業30年展を開催。(日本橋三越)
1958年(昭和33年)社団法人日展の評議員となる。
1959年(昭和34年)日本芸術院賞受賞。
1960年(昭和35年)日本芸術院会員、日展理事となる。
1970年(昭和45年)文化功労者として顕彰される。
1971年(昭和46年)小諸市名誉市民となる。
1975年(昭和50年)小山敬三美術館を設立。文化勲章受章。画業60年展開催。(日本橋三越)
1976年(昭和51年)茅ヶ崎市名誉市民となる。
1985年(昭和60年)私財2億円を寄付して社団法人「小山敬三美術振興財団」を設立。
1987年(昭和62年)逝去。
pagetop