児島善三郎 (コジマ ゼンザブロウ)

児島善三郎 (コジマ ゼンザブロウ)についての履歴

1893年福岡市中島(現・博多区中洲中島町)に生まれる。
1907年福岡県立中学修猷館に入学。
3年のとき、中村研一らと絵画同好会「パレット会」を創立。
1912年長崎医学専門学校薬学科(現・長崎大学薬学部)に入学するも同年中退。
1913年画家を志して上京。
1914年岡田三郎助指導の本郷洋画研究所に2ヶ月程学ぶが、以後師につかず独学で学ぶ。
1921年第8回二科展『早春の下板橋付近』初入選。
1922年第9回二科展『裸女』、『代々木風景』二科賞受賞。
1923年円鳥会の結成に林武らと共に参加。
その第1回展に『若き女の首』など出品。
1924年フランスに留学
二科展へ出品を続ける。
1928年第15回二科展に『立てるソニヤ』等渡欧作22点を特別陳列する。
二科会会友となる。
1930年二科会会員に推挙されるが、同年退会。
里見勝蔵、高畠達四郎、三岸好太郎、林武、福沢一郎らと独立美術協会を創立。
1940年紀元二千六百年奉祝美術展に『松桜図』を出品。
1943年第6回新文展審査員を務め、『上げ汐』を出品。
1946年新興日本美術展審査員を務める。(読売新聞社主催)
1950年現代美術自選代表作十五人展に出品。(読売新聞社主催)
1951年第19回独立展にて『アルプスへの道』を発表。
1958年週刊朝日に有馬稲子をモデルにした表紙画を描く。
1959年児島善三郎自選展開催。(銀座・松屋)
1962年逝去。享年69歳。
pagetop