坂本繁二郎 (サカモト ハンジロウ)

作家についての紹介/履歴

1882年福岡県久留米市に生まれる。
1902年青木繁と上京し、小山正太郎の不同舎に入る。
1903年太平洋画研究所にて学ぶ。
1904年第3回太平洋画会展に出品。
1907年東京勧業博覧会で三等賞を受賞。
第1回文展で入選。
1910年第4回文展にて褒状を受ける。
1911年第5回文展で三等賞を受賞。
1914年二科会創立に参加。
1921年渡欧し、アカデミー・コラロッシに入る。
1923年サロン・ドートンヌに出品する。
1925年第12回二科展で作品を特別陳列する。
1926年大礼記念京都大博覧会に出品する。
1933年清光会成立会員となる。
第1回清光会に出品。
1935年以降、1942年まで二科展に毎年出品する。
1945年西武美術協会協会長となる。
1947年梅原龍三郎・安井曽太郎と三巨匠自選洋画名作展を開催する。
1948年福田平八郎と二人展を開催する。
1952年福田平八郎・徳岡神泉と草人社三人展を開催する。
第1回国際美術展に出品する。
1953年第2回国際美術展に出品する。
1954年第5回毎日美術賞を受賞する。
八女市名誉市民となる。
第27回ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として出品する。
1956年文化勲章受章。
1963年朝日賞受賞。
1969年逝去。
pagetop