白滝幾之助 (シラタキ イクノスケ)

作家についての紹介/履歴

明治6年3月17日、兵庫県但馬国に生れる。
明治23年上京。工手学校、更に生巧館画塾に入塾し山本芳翠の指導をうける。
天心道場にて黒田清輝に学び、美術学校に入学する。
明治27年第4回内国勧業博覧会「待ち遠し」入選。(褒状をうける。)
明治31年東京美術学校卒業。白馬会展に「稽古」出品。
明治38年渡米、更に英仏に渡り44年帰国。
明治44年第5回文展「老人肖像」「裁縫」により褒状を受ける。
大正3年第8回文展「野村氏の像」二等賞受賞。
大正4年第9回文展に無鑑査となり「撫子」「収獲」「某氏の像」を出品する。
大正8年第1回帝展「ハリス氏像」出品。
大正9年第2回帝展、「芍薬」「コンデル博士の像」出品。
審査員となり、以後官展にて無鑑査出品をつづける。
昭和3年第9回帝展「マンドリーヌ」出品。
昭和6年第12回帝展「松翁氏の像」出品。
昭和8年第14回帝展「朝霧」出品。
昭和12年第1回文展「新緑」出品。
昭和15年奉祝展「富士」出品。
昭和23年第4回日展「ミス・ムラタの像」出品。
昭和27年26年度芸術院恩賜賞受賞。
昭和28年第9回日展「鶏舎」出品。
昭和35年逝去。
pagetop