須田国太郎 (スダクニタロウ)

作家についての紹介/履歴

1891年京都市に生まれる。
1913年京都帝国大学で美学美術史を専攻。
大学院在学中、関西美術院に通う。
1919年退学。渡欧。
マドリッドに住んでプラド美術館に通う。
1923年帰国。
和歌山高等商業学校にて美術工芸史、ギリシャ芸術史、バロック論を教える。
1932年京都帝国大学の講師となる。
1932年東京・資生堂画廊で滞欧作と近作による初めての個展を開催。
1934年京都帝大講師を辞任。
小林和作とともに独立美術協会に参加。
東洋の芸術と西洋の芸術の総合を目指し、強靭なマティエールと日本的なモティーフが融合した作品を制作。
戦前の《校倉》、戦後の《鵜》などがその代表作。
1950年京都市立美術大学教授を務める。(1960年まで)
1961年逝去。
独立展と京展のそれぞれに須田賞が設けられる。
pagetop