須田剋太 (スダコクタ)

作家についての紹介/履歴

1906年(明治39)埼玉県吹上町にて生まれる。
1927年(昭和2)埼玉県立熊谷中学校(旧制)卒業。
寺内萬次郎がその才能に注目し、光風会展、官展への出品を勧める。
1936年(昭和11)昭和11年文展「休憩時間」初入選。
1938年(昭和13)第2回新文展「少女座像」入選。
1939年(昭和14)第3回新文展「読書する男」特選。
1940年(昭和15)紀元二千六百年奉祝展に「苦力」を出品。
1941年(昭和16)第4回新文展「若き男」入選。
1942年(昭和17)第5回新文展「神将」特選。
1946年(昭和21)第2回日展「東大寺正面」入選。
「天平乃会」に参加。
「新樹会」結成に参加。
1947年(昭和22)第3回日展「ピンクのターバン」特選。
芦原小学校図画講師、甲陽学院中学校(旧制)美術講師を務める。
1948年(昭和23)「転石会」に参加。
マリアの園幼稚園(甲東園)、甲子園学院の図画講師を務める。
1949年(昭和24)光風会を退会。
国画会会員になる。「会ヴァリエテ」結成に参加。
1950年(昭和25)三越日本橋店にて個展を開催。
1952年(昭和27)現代美術懇談会(ゲンビ)創立に参加。
1954年(昭和29)第1回現代日本美術展に出品。
1955年(昭和30)第3回日本国際美術展に出品。
国際アートクラブ関西支部結成に参加。
1957年(昭和32)第4回サンパウロ・ビエンナーレ展(ブラジル)に出品。
1959年(昭和34)第11回プレミオ・リソーネ国際美術展(イタリア)に出品。
ヒューストン美術展(アメリカ)に出品。
1961年(昭和36)カーネギー国際現代絵画彫刻展(アメリカ)に出品。
1962年(昭和37)西宮市民文化賞を受賞。
1964年(昭和39)西宮美術協会長となる。(82年(昭和57)まで)
1967年(昭和42)西宮市民会館アミティホールの緞帳を制作。
甲子園学院短期大学教授となる。
1969年(昭和44)犬養道子著「日本人の記録 犬養木堂」の連載が始まり、挿絵を担当。
1971年(昭和46)週刊朝日の司馬遼太郎著「街道をゆく」の連載が始まり、挿絵を担当。
兵庫県文化賞を受賞。
1976年(昭和51)吹上町文化功労賞を受賞。
1977年(昭和52)大阪芸術賞を受賞。
1980年(昭和55)在日朝鮮人文化総合雑誌「季刊・三千里」21号の表紙絵を担当。
以後87年50号(終刊)までつづける。
1983年(昭和58)「街道をゆく」の挿絵で講談社出版文化賞さし絵賞を受賞。
1988年(昭和63)第17回フジ・サンケイグループ広告大賞を受賞。
1989年(平成1)埼玉県立美術館に作品を寄贈。
1990年(平成2)大阪府および飯田市美術博物館に作品を寄贈。
同館(飯田)にて「知られざる須田剋太の世界−抽象画と書・陶−開催。
逝去。享年84歳。
pagetop