曾宮一念 (ソミヤ イチネン)

作家についての紹介/履歴

1893年(明治26)東京、日本橋に生まれる。
1911年(明治44)早稲田中学校を卒業。
同年東京美術学校に入学。
1912年(大正2)第2回光風会展に「桑畑」が入選。
1913年(大正3)より今村繁三の援助を受け、同年の第8回文展に「酒倉」が入選する。
1916年(大正5)東京美術学校西洋画科卒業。
藤島武二、山下新太郎に師事する。
中村彜に兄事する。
1911年(大正5)東京の私立成蹊中学校講師を務める(1912年(大正6)まで)
1913年(大正7)福島県石川町の私立石川中学校の講師を務める。
1916年(大正10)二科会に出品。
1925年(大正14)二科展で「冬日」荒園」「晩秋風景」で樗牛賞受賞。
1925年(大正15)二科会会員となる。
1934年(昭和9)独立美術協会に移る。
1946年(昭和21)国画会会員、日展審査員となるも、その後無所属となる。
1994年(平成6)逝去。享年101歳。
pagetop