田辺三重松 (タナベ ミエマツ)

作家についての紹介/履歴

1897年北海道函館区大黒町(現・函館市弁天町)生まれ。
1916年函館商業学校を卒業。
1921年函館初の本格的美術団体赤光社の設立に参加。
1928年函館市立新川小学校(現・函館市立中部小学校)の教員をつとめる。
第15回二科展初出品し「荷揚げ場」と「花道」が初入選。
北海道展長官賞受賞。
1934年新美術家協会会員に推挙される。
1936年二科展特待賞を受賞。
1939年には北海道庁函館高等女子校(現・北海道函館西高校)の図画教諭となった。
石井柏亭や安井曽太郎や児島善三郎らの指導を受ける。
1942年二科展では「岬の午後」と「晩春の耕地風景」が入選。二科賞受賞。
1943年戦前の二科会最後の会員となる。
1945年向井潤吉らと行動美術協会の設立に関わる。
全北海道美術協会創立会員となる。
1946年教員を退く。
1949年第1回北海道文化賞受賞。
1950年第4回北海道新聞文化賞
1951年厚生省からの依頼で「夏の中禅寺湖」を制作。
第2回函館市文化賞受賞。
1957年函館市から東京都練馬区に転居。
1960年「昭和新山」が文部省買い上げとなる。
1965年日本橋の高島屋で「スイスとノルウェーの山」と題する個展開催。(日本橋高島屋)。
1970年銀座の彩壺堂で個展を開催。
1971年北海道開発功労賞受賞。
1971年逝去。享年74歳。
2011年北海道立函館美術館で没後40年記念「田辺三重松展」が開催。
pagetop