鳥海青児 (チョウカイセイジ)

作家についての紹介/履歴

1902年(明治35年)神奈川県中郡須馬村に生まれる。
1916年(大正5年)藤嶺中学校(現:藤嶺学園藤沢高等学校)に編入学する。
1921年(大正10年)藤嶺中学を卒業。翌月、関西大学予科に入学。
1924年(大正13年)第2回春陽会展『洋女を配する図』、『平塚風景』初入選。以後1930年(昭和5年)まで連続入選。
1927年(昭和2年)関西大学経済学部を卒業。
1930年(昭和5年)フランスのパリに渡欧。
1933年(昭和8年)帰国し春陽会会員になる。
1943年(昭和18年)春陽会を脱退。
独立美術協会会員となる。
1957年(昭和32年)第4回サンパウロ・ビエンナーレに10点出品。
『かぼちゃ』がニューヨーク近代美術館に収蔵される。
1958年(昭和33年)文化財保護委員会の審議委員となる。
1963年(昭和38年)中川一政を団長とする画家代表団の一員として中国を訪問。
1968年(昭和43年)『小説新潮』の表紙絵を一年間描く。
1972年(昭和47年)逝去。享年70歳。
pagetop