椿貞雄 (ツバキサダオ)

作家についての紹介/履歴

明治29年山形県米沢市に生れる。
大正2年上京。正則中学校に転入。
大正3年岸田劉生に師事する。
大正4年岸田劉生、木村荘八とともに草土社を結成。
大正9年第1回個展を京都で開催。
大正10年9月、東京で最初の個展を開催。
大正11年岸田劉生、中川一政等と春陽会の創立に参加。
昭和2年岸田劉生、武者小路実篤、長与善郎などの提唱で第1回大調和展創立。春陽会を退会。
昭和3年第2回大調和展を開催。同会解散する。
昭和4年国画会々員となる。
昭和7年渡欧、この年帰国。
昭和8年4月銀座紀国屋ギャラリーで滞欧作品展開催。
昭和15年紀元二六〇〇年奉祝展委員となる。
昭和25年第24回国展「蛙図」。
昭和31年第30回国画会展「孫二人」「工場裏」「孫」。
昭和32年第31回国展「桜島風景」「泰山木」。
逝去。享年61歳。
昭和33年第32回国展で遺作40余点を陳列。
pagetop