寺内萬治郎 (テラウチマンジロウ)

作家についての紹介/履歴

1890年(明治23年)大阪市南区難波新地に生まれる。
中学3年のとき松原三五郎の天彩画塾に入り水彩画を学ぶ。
白馬会洋画研究所でも学ぶ。
1911年(明治44年)東京美術学校西洋画科入学。
1916年(大正5年)東京美術学校卒業。黒田清輝に師事する。
1922年(大正11年)金塔社結成
1925年(大正14年)第6回帝展で「裸婦」特選受賞。
1926年(昭和元年)石榴社を結成。
1927年(昭和2年)帝展特選。
1929年(昭和4年)光風会会員となる。
1933年(昭和8年)帝展審査員となる。
1943年(昭和18年)東京美術学校講師を務める。(1950年まで)
1944年(昭和19年)門下生と武蔵野会結成。
1947年(昭和22年)蕨画塾が開設され、講師を務める。
1950年(昭和25年)日展運営会参事となる。
1951年(昭和26年)「横臥裸婦」で日本芸術院賞受賞。
1955年(昭和30年)武蔵野会を解散。
新たに与野会を結成。
1958年(昭和33年)日展評議員となる。
1960年(昭和35年)日本芸術院会員となる。
1964年(昭和39年)逝去。
pagetop