中山忠彦 (ナカヤマタダヒコ)

作家についての紹介/履歴

昭和10(1935年)福岡県小倉市(現北九州市)に生まれる。
昭和25(1950年)県立中津西高(現中津南高)に入学。県展に初出展して入選する。
昭和26(1951年)美術展に出品し、県知事賞を受賞。
昭和28(1953年)上京。阿佐ケ谷洋画研究所(三輪孝氏主宰)に入る。
伊藤絵画研究所が開設され、内弟子として入門する。
昭和29(1954年)第10回日展に「窓辺」60号が初入選する。
昭和33(1958年)白日展に「群像」を出品し、会員に推挙される。
社団法人第1回日展に「二人」を出品。
昭和43(1968年)大阪・日仏画廊にて初の個展を開催する。
昭和44(1969年)改組第1回日展に「椅子に倚る」100号を出品し、特選を受賞する。
昭和49(1974年)リトグラフ集「Les Trois Femmes」を出版。
昭和50(1975年)『京葉市民新聞』に「スケッチブックから」掲載される。
昭和54(1979年)石版画集「粧」を出版する。
昭和55(1980年)白日展に「妝う」80号を出品し、内閣総理大臣賞を受賞。
昭和56(1981年)『アート・トップ62』に「中山忠彦の市川・国府台日記」掲載される。
石版画「花かざりの帽子」を刊行する。日展に「縞衣」80号を出品し、特選受賞する。
銅版画集「優しき相貌」第1集を刊行する。
昭和57(1982年)渡仏。
昭和58(1983年)「中山忠彦画集」を出版(求龍堂)。
昭和60(1985年)「昭和世代を代表する作家シリーズ 中山忠彦展」が開催。(新宿伊勢丹・名古屋松坂屋・大丸心斎橋・福岡県立美術館)
昭和61(1986年)日本経済新聞にて「装いにみる女性美十選」を執筆、連載。
昭和62(1987年)白日展に「花と女」を出品。日展会員となる。
昭和63(1988年)「中山忠彦作品集」を出版。(講談社)
平成元(1989年)大分県中津市に木村記念館が開館。
平成2(1990年)国際花と緑の博覧会の迎賓館・政府苑貴賓室に「花装」が展示される。
日展にて「青衣」日展会員賞受賞。
平成8(1996年)日展にて「華粧」内閣総理大臣賞受賞。
平成10(1998年)「黒扇」にて日本芸術院賞受賞。日展理事、日本芸術院会員となる。
平成11(1999年)日展常務理事となる。
平成13(2001年)日展事務局長となる。
平成14(2002年)白日会会長就任。
平成19(2007年)市川市市政功労賞受賞。北九州市民文化賞受賞。
平成21(2009年)日展理事長就任(〜'13)。中津市民栄誉賞受賞
平成26(2014年)市川市名誉市民となる。
平成27(2015年)市川市文化振興財団理事長就任。
pagetop