中谷泰 (ナカタニ ヤスシ)

作家についての紹介/履歴

1909年三重県松阪市に生まれる。
1929年上京、川端画学校に入り石膏デッサンを始める。
1930年第8回春陽展(春陽会)「街かど」初入選。
1931年東京・内幸町の春陽会洋画研究所に研究生として入所。
1939年新文展で特選。
春陽会会友に推挙される。
1942年第20回春陽展に「窓外風景」、「婦人像」、
第5回文展「水浴」特選。
春陽会洋画研究所を退所し、木村荘八に師事する。
1943年第21回春陽展に「農家の人々」、「憩い」、「山ざと」、「楽人」を出品し、春陽会会員に推挙される。
1951年日本美術会に入会、以後毎回同展に出品する。
1959年日本国際美術展で優秀賞受賞。
1971年東京藝術大学美術学部教授に任命される。
日本美術会の代表を退任。
1976年いわさきちひろ記念事業団理事長に就任。(1991年4月まで。)
1977年第54回春陽展に「陸橋」を出品。
東京藝術大学を定年退官。
東京藝術大学陳列館で退官記念展を開催する。
1988年三重県立美術館にて中谷泰展開催。
1989年第31回日本美術会総会で、附属の美術学校「民美」研究所長に選出される。
1990年民美研究所長に就任。(1991年まで)。
1993年逝去。
1995年三重県立美術館県民ギャラリーにて「中谷泰展」開催。
pagetop