中村研一 (ナカムラ ケンイチ)

作家についての紹介/履歴

1895年福岡県宗像郡に生まれる。
1909年福岡県立中学修猷館に入学。
在学中に、児島善三郎、中村琢二らと、絵画同好会「パレット会」を創立。
青山熊治に指導を受ける。
1914年修猷館を卒業。
京都に出て、鹿子木孟郎の内弟子となる。
1915年上京し本郷絵画研究所に入所。
東京美術学校西洋画科に入学し、岡田三郎助の教室で学ぶ。
1919年第8回光風会展に、『お茶の水風景』を出品し初入選する。
1920年東京美術学校を卒業。
『葡萄の葉蔭』が第2回帝国美術院展覧会(帝展)で初入選。
『若き画家』が東京大正博覧会で3等賞を受賞。
1921年『涼しきひま』が第3回帝展で特選を受賞。
1922年帝展無鑑査(鑑査なしで出品できる資格)となる。
1923年パリに留学する。
1927年サロン・ドートンヌ会員となる。
1928年帰国。滞欧作『裸体』が第9回帝展で特選を受賞。
1929年『若き日』が第10回帝展で特選を連続受賞。
1930年『弟妹集う』が第11回帝展で帝国美術院賞を受賞。
1931年36歳にして帝展の審査委員となる。
文部省美術展覧会(新文展)、日本美術展覧会(日展)官展の審査員を歴任する。
1942年『安南を憶う』が第5回新文展で昭和奨励賞、野間美術奨励賞を受賞。
作戦記録画『コタ・バル』(東京国立近代美術館蔵、無期限貸与作品)が第1回大東亜戦争美術展に展示され、朝日文化賞(後の朝日賞)を受賞。
1950年日本芸術院会員に推挙された。
1958年日展常務理事となる。
1967年逝去。享年72。
1989年「中村研一記念美術館」開館。
2006年小金井市へ寄贈され、改修などを経て「中村研一記念小金井市立はけの森美術館」として開館した。
pagetop