長谷川利行 (ハセガワトシユキ)

作家についての紹介/履歴

1891年京都山科に生まれる。
1911年『みずゑ』主催の水彩夏期講習会に参加。
1919年歌集『長谷川木葦集』を私家版で発行する。
1923年新光洋画展に<田端変電所>が入選。
1926年二科展に<田端電信所>が初入選。帝展に<廃道>が入選。
1927年1930年協会展に<陸橋みち>他2点が入選。二科展に<酒売場>などを出品し、樗牛賞を受賞。
1928年1930年協会展に<地下鉄道>などを出品、奨励賞を受賞。
1930年二科展に<タンク街道>などを出品する。以後、1937年まで二科展出品を続ける。
1936年天城画廊で5回の個展開催。この年から翌年にかけて、ガラス絵に熱中する。
1940年逝去。
pagetop