林武 (ハヤシ タケシ)

作家についての紹介/履歴

1896年東京麹町区に生まれる。
1920年日本美術学校に入学、同年中退。
1921年第8回二科展で「婦人像」が初入選、樗牛賞受賞。
1922年第9回ニ科展でニ科賞受賞。
1926年協会会員となり佐伯祐三、里見勝蔵らと活動する。
1930年二科会を脱退。独立美術協会創立に参画する。
1949年第1回毎日美術賞を受賞。
1951年東京芸術大学の教授に就任。
1959年日本芸術院賞を受賞。
1967年朝日文化賞受賞、文化勲章受章。
1975年逝去。享年81歳。
pagetop