藤田嗣治 (フジタツグハル)

作家についての紹介/履歴

1886年東京市牛込区に生まれる。
1905年東京美術学校西洋画科に入学。
1913年パリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交遊を結ぶ。
1919年サロン・ドートンヌに出品し全作品入選、会員に推挙される。
1921年サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる。
1925年レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1940年パリから帰国。
1943年朝日文化賞受賞。
1948年近代日本美術総合展に出品。
1949年渡米の後、パリに戻る。
1951年「我が室内」「アコーデオンのある静物」など代表作をパリ国立近代美術館に寄贈。
1955年フランス国籍を取得する。
1959年君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名はレオナール。
1966年ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を建設。
1968年逝去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。
pagetop