藤田嗣治 (フジタツグハル)

作家紹介

1886年 東京都に生まれる。
1893年 東京高等師範学校付属小学校に入学する。
1900年 東京高等師範学校付属中学校に入学する。
1905年 中学校を卒業し東京美術学校西洋画科に入学する。
1907年 精勤賞を受賞する。
1910年 東京美術学校西洋画科本科を卒業する。白馬会第13回絵画展覧会に「山より」「女」が入選する。3年連続で文展に出品するがすべて落選してしまう。
1911年 東京勧業展覧会に「青梅」「山家」「上野原」「駅」を出品する。
1912年 第2回東京勧業展覧会に作品を出品する。
1913年 渡仏し、モジリアニ、スーチンと知り合う。
1914年 立体派風の作品を制作する。
1917年 パリ・シェロン画廊で初の個展を開催する。その後、ブリュッセルやベルリンなどヨーロッパ各国で個展を開催した。
1918年 シェロン画廊で2回目の個展を開催する。
1919年 サロン・ドートンヌに初めて出品する。6点出品しすべての作品が入選を果たす。会員に選ばれ、パリ画壇における地位の確立に第一歩を踏み出す。
1920年 渡仏以来に裸体を秋のサロン・ドトーンヌに出品
1922年 第4回帝展に「我が画室」を出品する。
1923年 サロン・デ・チュイルリーの会員となる。
1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1926年 サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員に選ばれる。
1927年 銅版画がルーブル美術館に収められる。
1929年 17年ぶりに帰国する。
1930年 パリに帰り、ニューヨーク渡って個展を開催する。
1934年 日動画廊で個展を開催する。二科会会員に推薦される。メキシコ風のアトリエを建てる。
1935年 大阪の十合百貨店特別食堂の壁画を制作する。銀座の喫茶店コロンバンの天井画を制作する。
1941年 父嗣章が死去する。帝国芸術院会員となる。国際文化振興会から文化使節として仏印に派遣される。
1943年 朝日文化賞を受賞する。
1945年 疎開先の神奈川県で終戦を迎える。
1947年 ニューヨークのケネディ画廊で最新作の展示会が開催され、大成功をおさめる。
1948年 近代日本美術総合展に出品する。
1955年 フランス国籍を取得したため、日本芸術院会員を辞任した。
1957年 レジオン・ドヌール四等勲章を贈られる。
1959年 ベルギー王立アカデミー会員になる。
1966年 設計・美術すべての分野に専念したランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を自ら建設する。
1968年 スイスのチューリッヒの病院で死去。遺体はノートルダム・ド・ラ・ペ礼拝堂に埋葬され、日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。


幼少期から絵を描き始める。7歳から11歳まで熊本県熊本市で過ごしていた。
高等師範付属中学校を卒業し、その頃にフランスに画家として留学したいと思うようになっていた。藤田嗣治の父の上司であった森鴎外の薦めもあり東京美術学校西洋画科に入学した。しかし、日本画壇は黒田清輝らのグループにより性急な改革の真っ最中で、いわゆる、印象派や光あふれた写実主義が流行しており、同時に黒田清輝は東京美術学校の教授でもあった為、藤田嗣治の作風は不評で成績は中の下であった。表面的な授業が多いことに対して失望したためそれ以外の部分で精力的に活動し同級生らと授業を抜け出して吉原遊廊に通い詰めていた。
卒業制作として「自画像」を作ったが黒田清輝が嫌っていた黒を多く使い挑発的な作品を制作する。展覧会にも作品を出品しているが黒田清輝の支配下があったためすべて落選していた。
女学校の美術教師であった鴇田登美子と出会い、結婚する。新宿百人町にアトリエをもつがフランス行きを決意したため妻鴇田登美子を残して単身パリへ渡る。しかし、1年余りで結婚生活が破綻してしまう。


パリに渡った後、モンパルナスに住居を構えた。モンパルナスは、町はずれに位置し家賃が安かったことから芸術家が多く暮らしていた。隣の部屋に住んでいたアメディオ・モディリアーニやシャイム・スーティンらと知り合い親友として交友していた。フランスでは藤田嗣治は、発音しやすいように「ツグジ」と呼ばれるようになった。
パリでは、素朴派やキュビズムなど新しい20世紀の絵画が流行していた。日本では黒田清輝の印象派が洋画だと教えられてきた藤田嗣治はパリの絵画に衝撃を受けた。パリの絵画の自由さや奔放さに魅了され、今まで描いてきた作風をすべて破棄した。
パリで第一次世界大戦が勃発してしまう。戦時下のパリでは絵は売れなかった。日本からの送金も途絶えてしまい食事もできず生活に苦しんでいた。さらに、寒さをしのぐために自身で描いた絵を燃やして暖を取っていた。そんな生活が2年も続いた。大戦が終結に向かいだしたころ、藤田はフランス人モデルのフェルナンド・バレエと2回目の結婚をする。
この頃、次第に絵が売れ始めていき3か月後には初めての個展を開いた。

独特の透き通るような画風を確立していき、サロン・ドートンヌの審査員にも推挙され、
急速に藤田の名声は高まった。マン・レイの愛人のキキをヌードモデルとして「寝室の裸婦キキ」という作品を制作した。この作品がサロン・ドートンヌでセンセーションを巻き起こした。


藤田嗣治の名声も高かった南アフリカで初めて個展を開き大きな賞賛を得た。その後、南アフリカから日本に帰国し、25歳年下の君代に一目惚れをし、5度目の結婚をする。旧友であるジャン・コクトーが世界一周の旅で日本を訪れた時に藤田と再会し、相撲観戦や夜の歓楽街の散策を共にした。
その後、パリに再び戻ったが第二次世界大戦が勃発した。ドイツにパリが占領され、再度日本への帰国を余儀なくされた。

太平洋戦争に突入した日本で陸軍美術協会理事長に就任した。そこで、戦争画の製作をし、南方の戦地に訪れノモンハン事件やアッツ島の戦いなどの作品を描いた。戦争画を描いたことにより終戦後の連合国軍占領下の日本において「戦争協力者」と批判されることもあった。


日本で批判され傷心の藤田がフランスに戻ったときには、すでに多くの画家の友人がこの世を去っていた。その後もいくつもの作品を残しておりその作品作りの中でパブロ・ピカソと再会を果たした。フランス国籍を取得しフランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を贈られた。


ノートルダム大聖堂でカトリックの洗礼を受け、「レオナール」と名付けられレオナール・フジタとなった。そして、フジタ礼拝堂の設計と内装のデザインを行った。その後、スイスのチューリッヒでガンのため死去した。遺体は、フジタ礼拝堂に埋葬された。

作品の特徴

藤田嗣治の作品は、第二次世界大戦中に描いた戦争記録画と女性や子供、動物などをモチーフにした作品の2通りがある。その中でも女性や子供、動物の作品は人気が高い。
「素晴らしい白地」と賞賛された独自の乳白色の下地に繊細な描線で描いた独自の技法で作品を制作している。パリやヨーロッパでとても人気のある画家で、パリで洗礼を受けレオナールフジタとしてフランス国籍を取得した。その後もパリで創作活動をして過ごす。戦争画家や印象派などを描いていましたが、晩年は女性や子供を描くことが多くなった。藤田嗣治が描く子供の顔には特徴があり大きな頭に額、そして吊り上った小さな目、少しとんがった口の子供たち描かれていました。そのような顔の子供たちが集まり、遊んでいる様子不思議な印象である。

査定のポイント

藤田嗣治の価格は、絵柄や装飾ごとの買取相場、作品の状態によって価格は変動する。
中でも作家のサインが入っている作品は査定ポイントが上がる場合もある。
作品の保管状態として、作品が紫外線に長く当たっていたり、湿気が多い場所に置いて保管されている作品はシミ・カビ・ヤケなどが多く見られる。また、退色・変色にも繋がってしまい、査定ポイントが下がる可能性がある。
作品は、直射日光には当てず、風通しの良い場所で保管をしておくと作品の状態が良くなる。また、額装も査定額に影響してくるため、傷かつかないよう慎重に扱いこまめに手入れすることをお勧めする。

作家についての紹介/履歴

1886年東京市牛込区に生まれる。
1905年東京美術学校西洋画科に入学。
1913年パリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交遊を結ぶ。
1919年サロン・ドートンヌに出品し全作品入選、会員に推挙される。
1921年サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる。
1925年レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1940年パリから帰国。
1943年朝日文化賞受賞。
1948年近代日本美術総合展に出品。
1949年渡米の後、パリに戻る。
1951年「我が室内」「アコーデオンのある静物」など代表作をパリ国立近代美術館に寄贈。
1955年フランス国籍を取得する。
1959年君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名はレオナール。
1966年ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を建設。
1968年逝去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。

買取実績

  • 藤田嗣治 猫の本より
    猫の本より
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 夢
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 横になる女の胸像(シルベーヌ)
    横になる女の胸像(シルベーヌ)
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 香りの夢
    香りの夢
    2019.07.18
  • 藤田嗣治 猫の本より
    猫の本より
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 夢
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 横になる女の胸像(シルベーヌ)
    横になる女の胸像(シルベーヌ)
    2020.01.21
  • 藤田嗣治 香りの夢
    香りの夢
    2019.07.18
  • 藤田嗣治 三美神
    三美神
    2019.07.11
  • 藤田嗣治 母と子
    母と子
    2019.07.08
pagetop