牧野虎雄 (マキノトラオ)

作家についての紹介/履歴

1890年新潟県に生まれる。
1908年東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学。
1912年文部省美術展覧会(文展)に入選した。
1924年金沢重治、吉村吉松、大久保作次郎らと槐樹社(かいじゅしゃ)を創設。
1926年第7回帝展審査員に任命される。
1927年第8回帝展審査員に任命される。
1929年帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)教授となる。第10回帝展審査員に任命される。
1930年第11回帝展審査員に任命される。木村荘八、中川紀元、福田平八郎らと六潮会を結成する。
1931年槐樹社解散。
1933年槐樹社の会員や新進作家らで旺玄社を結成した。
1934年帝国美術学校西洋画科長となる。
1935年帝国美術学校教授の職を辞す。多摩帝国美術学校が設立され、西洋画科主任教授となる。
1940年中川紀元、小杉放菴、藤田嗣治、中川一政、木村荘八、鍋井克之、東郷青児らと邦画一如会を結成した。
1944年第12回旺玄社展に「白樺」「山茶花(さざんか)」を出品。これが最後の美術展出品となった。
1946年逝去。享年56歳。
pagetop