満谷国四郎 (ミツタニクニシロウ)

作家についての紹介/履歴

1874年岡山県に生まれる。
1892年上京小山正太郎の不同舎で学ぶ。
1898年明治美術会創立10年記念展へ「林大尉の戦死」「妙義山」を出品。
1900年パリ万国博覧会へ「蓮池」を出品。銅牌受賞。鹿子木孟郎らと渡米。
1901年渡欧。
1907年東京勧業博覧会へ「戦の話」「かりそめの悩み」を出品し、1等受賞。第1回文展審査員となる。
1911年柚木久太らと再渡欧する。
1912年パリでジャン=ポール・ローランスに学ぶ。
1925年帝国美術院会員となる。
1936年逝去。
pagetop