南薫造 (ミナミクンゾウ)

作家についての紹介/履歴

1883年広島県賀茂郡に生まれる。
1902年東京美術学校に入学し、岡田三郎助に師事する。
1905年白馬会展に入選する。
1907年イギリスに留学、ボロー・ジョンソンについて絵を学ぶ。
1909年フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、アメリカをめぐる。
1910年帰国し、有島生馬と滞欧記念展を開催する。
1910年白馬会展に水彩画9点を出品する。
1910年第四回文展で《坐せる女》が三等賞を受賞する。
1911年第五回文展で二等賞を受賞する。
1912年第六回文展で《六月の日》が二等賞を受賞する。
1913年日本水彩画会の創立に参加する。
1916年文展の審査員を務める。
1929年帝国美術院の会員となる。
1932年〜43年東京美術学校の教授を務める。
1944年帝室技芸員となる。戦時中は広島県に疎開する。
1950年逝去。
pagetop