宮本三郎 (ミヤモトサブロウ)

作家についての紹介/履歴

1905年石川県小松市松崎町に生まれる。
1920年小松中学校を中退し、神戸に出る。
1922年上京し川端画学校に在籍。
富永勝重、藤島武二に師事。
1923年関東大震災を機に京都にうつる。
関西美術院で黒田重太郎の指導を受ける。
1927年第14回二科展に初入選。(以降、昭和19年まで毎年出品。)
1933年東京朝日新聞連載小説「三家庭」(菊池寛)へ挿絵を描く。
1938年渡欧。パリを中心に滞在。スイス、イギリスなどを巡り、翌年に帰国。
1942年藤田嗣治、小磯良平らとともにマレー半島、タイ、シンガポールなどに渡る。
1943年第2回帝国芸術院賞を受ける。
1947年熊谷守一、田村孝之助、正宗得三郎らと二紀会を設立。以降、亡くなるまで出品を続ける。
1948年金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)の教授に就任。
1952年渡欧。スペイン、イタリア、ギリシャなど巡遊する。翌年帰国。
1953年多摩美術大学教授に就任。
1958年日本美術家連盟理事長に就任。
1959年日本美術家連盟の会館建築に際し、建設委員長に就任。
1966年日本芸術院会員となる。
1967年二紀会が社団法人となり、理事長に就任。
1971年国立西洋美術館評議会評議員に就任。
1973年文化庁芸術専門調査会委員に就任。
1974年逝去。享年69歳。
pagetop