森芳雄 (モリヨシオ)

作家についての紹介/履歴

1908年東京市麻布区に生まれる。
1925年慶應義塾普通部に通いながら、白瀧幾之助に石膏デッサンの指導を受ける。
1926年慶應義塾普通部を卒業。
1927年本郷絵画研究所に入る。
1928年佐伯祐三や前田寛治らの「一九三〇年協会」洋画研究所に入る。中山巍に師事する。
1929年一九三〇年協会展「冬の郊外風景」初入選。
1930年二科展に入選。
1931年シベリア鉄道経由でパリに遊学。
1932年サロン・ドートンヌに入選。
1934年帰国。
1936年独立美術協会展で海南賞受賞。
1937年同協会の会友となる。
1939年独立美術協会を脱退。自由美術協会に出品し、同協会の会員に推薦される。
1947年第1回日本アンデパンダン展(日本美術会主催)に出品。
1950年第14回自由美術展に「二人」を出品。
1951年サンパウロ・ビエンナーレ展に出品。同年以降、武蔵野美術学校に勤務する。
1954年『創元社 世界少年少女文学全集 23(南欧篇1)』のカラー口絵を描く。
1957年武蔵野美術大学教授となる。
1962年神奈川県立近代美術館で「麻生三郎・森芳雄二人展」開催。渡欧。
1964年自由美術家協会を麻生三郎、寺田政明ら37人とともに脱退。主体美術協会結成に参加し、同会員になる。
1972年東京藝術大学の非常勤講師となる。
1975年「早春」が宮内庁の買上となる。
1979年日本秀作美術展(読売新聞社主催)に出品。
1997年逝去。
pagetop