山下新太郎 (ヤマシタシンタロウ)

作家についての紹介/履歴

1881年(明治14年)東京・根岸に生まれる。
1901年(明治34年)画家を志望して藤島武二に師事。東京美術学校に入学。
1904年(明治37年)東京美術学校西洋画科を成績優秀なため一年繰り上げて卒業。
1905年(明治38年)パリに留学。はじめラファエル・コランに師事したのち、エコール・デ・ボザールに入学。フェルナン・コルモンに学ぶ。
1910年(明治43年)帰国。
1914年(大正3年)有島生馬・石井柏亭らとともに二科会を結成する。
1931年(昭和6年)再びパリへ遊学。ギメ東洋美術館所蔵の屏風絵を修復する。
1932年(昭和7年)フランスからレジオンドヌール勲章を授与される。
1935年(昭和10年)二科会を退会し、帝国美術院会員となる。
1936年(昭和11年)一水会を創立する。
1937年(昭和12年)帝国芸術院会員となる。
1949年(昭和24年)日展運営会常任理事となる。
1952年(昭和27年)国立近代美術館評議員となる。
1958年(昭和33年)日展理事となる。
1961年(昭和36年)日展顧問となる。
1955年(昭和30年)文化功労者。
1964年(昭和39年)勲三等旭日中綬章受章。
1966年(昭和41年)逝去。
pagetop