シャガール (マルク・シャガール)

作家についての紹介/履歴

1887年ヴィテブスクのユダヤ人地区に9人兄弟の長男として生まれる。
1907年サンクト・ペテルブルグの王立美術学校に入学する。
1908年学校をやめ、レオン・バクストの教える美術学校に入学する。この頃、最初の妻となるベラと会う。
1910年パリに出る。「パレット」「グランド・ショミエール」等いくつかの美術アカデミーに通う。
1911年「蜂の巣」(ラ・リュッシュ)と呼ばれるアトリエに移る。ここで初期の傑作の数々が描かれる。
1914年デア・シュトルム画廊(ベルリン)で最初の個展開催。
1915年ベラと結婚。
1923年パリに移る。
1925年銅版画集『死せる魂』を完成。
1927年サーカスをモチーフにグワッシュを19点制作する。
1930年銅版画集『ラ・フォンテーヌの寓話』を完成。
1931年自叙伝『わが回想』がフランスで出版される。
1933年バーゼルの美術館で回顧展。マンハイム美術館のシャガールの作品がナチスに焼却される。
1937年フランス国籍を取得。ドイツ国内のシャガール作品がナチスによってすべて撤去される。
1939年カーネギー財団から賞を受ける。
1941年ニューヨーク近代美術館の招聘を受け、アメリカに向かう。
1944年妻ベラが死去、深い悲しみのため、しばらく制作ができなくなる。
1946年ニューヨーク近代美術館で回顧展開催。
1948年フランスに戻り、パリ郊外に住む。第24回ヴェネチア・ビエンナーレで版画大賞を受賞する。
1950年ヴァンスに移る。パリのフェルナン・ムルロー版画工房での制作を始める。
1952年ヴァランティーナ・ブロドスキー(ヴァヴァ)と知り合い結婚する。
1953年「ダフニスとクロエー」のためのグアッシュを制作する。
1961年石版画集『ダフニスとクロエ』がテリアードより刊行される。
1964年パリのオペラ座の天井画が完成。
1966年石版画集『出エジプト記』が刊行される。
1967年石版画集『サーカス』がテリアードより刊行される。
1973年ニースに国立マルク・シャガール聖書のメッセージ美術館が開館。
1974年石版画集『オデュッセイア』が刊行される。
1977年レジオン・ドヌール勲章を受章。ルーブル美術館で展覧会開催。
1985年逝去。

買取実績

  • 灰色の恋人たち
    2017.02.24
  • 魔笛 リトポスター
    2016.06.24
pagetop