ビュッフェ (ベルナール・ビュッフェ)

作家についての紹介/履歴

1928年パリに生まれる。
1943年夜間講座に通いデッサンを学ぶ。
1944年パリ美術大学に入学、ナルボンヌに師事する。
1947年アンデバンダン展。サロン・ドートンヌに出品。初個展を開く。
1948年クリティック賞を受賞、パリ画壇で名実ともにスターとなる。
1950年プロヴァンスに移り、小説家ジャン・ジオノのもとに滞在する。
1951年最高傑作とされる三部作「キリストの受難」を制作。
1952年この年から「受難」、「戦争の恐怖」、「サーカス」など題を定めた大個展を開く。
1958年シャルパンティエ画廊で回顧展を開催する。アナベルと結婚。
1962年連作カラーリトグラフ「パリシリーズ」を制作。
1963年東京・国立近代美術館でビュッフェ展を開催。
1971年フランス政府からレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエの称号を受ける。
1973年静岡県沼津市に世界初のビュッフェ美術館を開館。
1974年ヴァチカン法王庁美術館に「ピエタ」、「受胎告知」等6点が収められる。
1987年愛知県美術館にて代表作80点を集めた展覧会を開催。
1999年逝去。

買取実績

  • アネモネ
    2016.09.24
  • 百合とアイリス
    2016.06.15
pagetop