ブラジリエ (アンドレ・ブラジリエ)

作家についての紹介/履歴

1929年フランスに生まれる。
1949年パリ美術学校に入学。ブリアンションのアトリエで学ぶ。
1952年フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞、 シャルル・モレ賞等を受賞。
1953年ローマ・グランプリ賞受賞。
1959年この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展を開催。
1961年青年絵画展でシャルル・モレ賞を受賞。
1962年シュールロット賞を受賞。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリーの委員になる。
1974年東京で個展。
1989年アンジェにて回顧展が開催、金の木馬賞(アンジェ市名誉勲章)を授与される。
1992年バガテルのアンドレ・ブラジリエ展がパリ市庁舎にて開催。
2005年エルミタージュ美術館にて回顧展が開催。
2013年ロンドンのオペラギャラリーにて未発表作30点による個展を開催。

買取実績

  • 海岸
    2016.09.07
pagetop