ローランサン (マリー・ローランサン)

作家についての紹介/履歴

1883年パリで生まれる。
1893年パリのリセ・ラマルティーヌ高校に入学。
1902年女子師範学校の準備を止め、製陶所で磁器の絵付けの講習に通う。
1903年画商アンリ=ピエール・ロシェと出会う。
1904年リセ・ラマルティーヌを卒業。アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う。
1906年バトー・ラヴォワール(洗濯船)でピカソや美術評論家のギョーム・アポリネールと知り合う。
1907年ギョーム・アポリネールと恋に落ちる。アンデパンダン展に初出品。
1912年パリのバルバザンジュ画廊において初の展覧会。
1914年結婚し、スペインへ亡命する。
1921年パリへ移る。ロザンベール画廊での個展が成功する。
1922年離婚。
1923年肖像画を描き始める。ジャン・コクトー台本の「牡鹿」舞台装置と衣装を担当する。
1932年「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる。
1954年シュザンヌ・モローを養女に迎える。
1956年逝去。享年73歳。
pagetop