吉原治良 (ヨシハラ ジロウ)

作家についての紹介/履歴

1905年大阪市に吉原製油の御曹司として生まれる。
1929年関西学院研究科(現:関西学院大学)中退。
1934年第21回二科展(東京府美術館)に出品、入選。
1938年九室会を結成。
1948年芦屋市美術協会の創立に参加、代表となる。
1951年大阪府芸術賞を受賞。
1952年ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展出品、入賞。
1954年具体美術協会を結成、代表となる。
1955年第1回具体美術展を開催、出品する。
1958年「新しい絵画世界展―アンフォルメルと具体―」(高島屋、大阪)出品。
「The Gutai Group Exhibition」展(マーサ・ジャクソン画廊、ニューヨーク)出品。
1963年「現代絵画の動向―西洋と日本」展(国立近代美術館京都分館)出品。
1964年グッゲンハイム国際賞展出品。
1970年「万国博美術展<現代の躍動の部>」(万国博美術館、大阪)出品。
1971年第2回インド・トリエンナーレ出品、ゴールドメダルを受賞。
1972年逝去。従五位勲四等旭日小綬賞が追贈される。
2011年逝去。享年88歳。
pagetop