笹倉鉄平 (ササクラテッペイ)

作家についての紹介/履歴

1954年兵庫県に生まれる。
1973年武蔵野美術大学商業デザイン科に入学。
1977年同校卒業後、広告制作会社のグラフィック・デザイナーとなる。
1980年フリーランスのイラストレーターとなり広告・出版物に多くのイラストを描く。
1987年毎日新聞カラー別刷り版にドイツのロマンチック街道沿いの風景を描いた「Romantic Gallery」シリーズを連載。
1990年青山で初の個展。これより、画家としての活動に専念。
1991年シルクスクリーンによる初の版画作品を発表(以降、現在までに180作以上がリリースされる)。
1992年花の万博「フロリアード/1992」(オランダ開催)の記念版画が制作される。
1998年大丸ミュージアム・東京で初の美術館個展。
2001年フィレンツェに架かる"ポンテ・ヴェッキオ"を描いた作品「祝福」が「イタリア.フィレンツェ.日本.文化経済交流協会」公認作品となる。
2004年イタリア、マルケ州、レカナーティ市庁舎(他2会場)にて個展を開催。
2005年フィレンツェ・京都姉妹都市締結40周年記念行事として、フィレンツェ市主催による個展を同市パルテ・グエルファ宮にて開催。
2006年中国北京、国立中国美術館にて、劉長順氏との二人展を開催。
2008年パリと京都にて「日仏交流150周年」および、「京都市・パリ市姉妹都市盟約締結50周年」を記念した個展が開催。

買取実績

  • ラ・ブレス
    2017.02.16
pagetop