吉川栄治 (ヨシカワエイジ)

作家についての紹介/履歴

1892年横浜市南区に生まれる。
1903年家運傾き小学校を中退。1909年 年齢を偽って横浜ドック船具工となる。
1911年蒔絵師の家に住み込み徒弟となる。また川柳の世界に入り、雉子郎(きじろう)の筆名で作品を発表。韓国に戻る。
1914年三越百貨店が各種文芸を募集した「文芸の三越」の川柳部門で応募作が一等に当選。講談倶楽部に投稿した「江の島物語」が一等に当選。
1921年 旅先から応募していた講談社の懸賞小説三篇入選。山崎帝國堂広告文案係を経て暮れに東京毎夕新聞社入社。
1925年『キング』誌が創刊され「剣難女難」を連載、人気を得る。初めて吉川英治の筆名を使う。1926年「鳴門秘帖」を連載。大人気となり、時代小説家として大衆文学界の新鋭となる。
1935年「宮本武蔵」の連載を開始。1937年  日中戦争勃発。『毎日新聞』の特派員として現地を視察。
1938年ペンの部隊として南京、漢口作戦に従軍。「三国志」の執筆開始。
1948年「高山右近」を『読売新聞』に連載。1950年 「新・平家物語」を『週刊朝日』に連載。
1953年「新・平家物語」で第1回菊池寛賞受賞。1956年 「新・平家物語」で朝日文化賞受賞。
1960年文化勲章受章。
1962年毎日芸術賞受賞。逝去。享年70歳。
pagetop