北村西望 (キタムラセイボウ)

作家についての紹介/履歴

1884年 長崎県南島原市に生まれる。
1903年京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)入学。
1907年上京し東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学。
1915年 兵役除隊後、初期の代表作「怒涛」制作。文展で二等賞に入賞。
1921年東京美術学校塑造部教授となる。
1931年京都市立美術工芸学校教諭となる。
1944年敗色濃厚な戦局から、多くの銅像作品が供出され滅失する事態に憂慮し、「銅像救出委員会」を結成して反対運動を行った。
1955年5年がかりで制作してきた長崎平和祈念像が完成、長崎市に納品。
1958年文化勲章受章、文化功労者顕彰。
1969年紺綬褒章受章。社団法人日展会長に就任する。
1980年東京都名誉都民となる。
1987年逝去。享年104歳。

買取実績

  • 北村西望 歓
    2019.10.23
pagetop