高村光雲 (タカムラコウウン)

高村光雲 (タカムラコウウン)についての履歴

1852年江戸下谷に生まれる。
1863年仏師の高村東雲の元に徒弟となる。後に東雲の姉・エツの養子となり、高村姓となる。
1877年内国勧業博覧会に東雲の代作をして《白衣観音》を出品,最高賞を受賞。
1889年岡倉天心の招きで東京美術学校で後進を指導。
1891年光雲と号した。東京美術学校に依頼された『楠公像(なんこうぞう)』『西郷隆盛像(たかもりぞう)』の銅像を木彫の原型から完成させた。
1893年シカゴ万国博覧会では『老猿(ろうえん)』が妙技二等賞を受賞した。
1907年文展開設後は審査員を歴任。
1919年帝国美術院会員となり、文字どおり官展系木彫の重鎮であった。
1926年東京美術学校教授を退いて名誉教授となった。
1934年逝去。享年83歳。
pagetop