加藤唐九郎 (カトウトウクロウ)

作家についての紹介/履歴

1897年愛知県東春日井に生まれる。
1918年幼馴染との結婚を機に本格的な瀬戸系古窯の調査に入る
1929年瀬戸古窯調査保存会の常任理事となる。
1933年瀬戸焼の祖とされた加藤四郎景正を疑い、開祖ではないと結論付ける。これにより自宅が焼き討ちに遭い、非難される
1934年港区青山の私邸に「陶壁」を試行する。
1952年織部焼の技術で無形文化財有資格者になる。
1960年永仁の壺事件
1961年無形文化財有資格者の認定取り消し。
1976年財団法人・翠松園陶芸記念館設立。
1985年12月24日逝去。享年88歳。
pagetop