加藤土師萌 (カトウハジメ)

作家についての紹介/履歴

1900年愛知県瀬戸市に生まれる。
1921年愛知県窯業学校助手等を務め、陶磁器の図案を習得。
1927年第8回帝展初入選。
1937年パリ万国博覧会でグランプリ受賞。
1951年黄地虹彩が重要無形文化財に指定。
1961年重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)認定。
1966年日本工芸会理事長就任。
1967年東京藝術大学名誉教授、紫綬褒章受章。
1968年逝去。
pagetop