河井寛次郎 (カワイカンジロウ)

作家についての紹介/履歴

1890年島根県安来町に生まれる。
1910年東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科へ入学する。
1914年上記、卒業後1万種以上の釉薬の研究や、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究も行った。
1921年「創作陶磁展覧会」を東京と大阪の高島屋で開催した。
1929年高島屋の個展では、古典から日用の器へと路線を変更した。この時期以降、作家としての銘を作品に入れないようになる。
1937年「鉄辰砂草花図壷」がパリ万国博覧会でグランプリを受賞する。
1947年「火の誓い」を棟方志功の板画で制作。随筆「いのちの窓」を陶土に刻んだ陶板を完成させる。
1955年文化勲章を辞退する。人間国宝、芸術院会員などへの推挙もあったが、同様に辞退している。
1957年「白地草花絵扁壷」が、ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリを受賞する。
1966年76歳にして没。その創作意欲が生涯枯れることはなかった。
pagetop