近藤悠三 (コンドウユウゾウ)

作家についての紹介/履歴

1902年京都市に生まれる。
1914年京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所。
1928年第9回帝展で初入選を果たし、以後13回連続で入選する。
1950年第6回日展で審査員を務めた。
1956年「山水染付壺」が第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞。
1956年京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)陶磁器科教授就任。のちに学長に就任
1970年紫綬褒章受章。
1973年勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章を受章。
1977年重要無形文化財「染付」の保持者(人間国宝)に認定された。
1980年紺綬褒章受章。
1985年逝去
pagetop