中里無庵 (ナカザトムアン)

作家についての紹介/履歴

1895年佐賀に生まれる。
1912年佐賀県立有田工業学校の製陶科に入学。
1927年生家の家業(唐津藩窯の御用陶工)を継ぎ、十二代中里太郎衛門を襲名。
1931年工芸美術展に、「刷毛目菓子鉢」を出品し入選。
1955年唐津焼きで、無形文化財保持者に成る。
1969年京都紫野大徳寺本山で、得度し無庵の号を受ける。
1972年三笠宮寛仁親王殿下、三笠宮百合子妃殿下に御来窯御台臨を賜る。
1976年重要無形文化財「唐津焼」の保持者(人間国宝)に認定。
1985年勲四等旭日小綬章を受章。逝去。
pagetop