濱田庄司 (ハマダショウジ)

作家についての紹介/履歴

1894年神奈川県川崎市に生まれる。
1916年京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。
1924年ロンドンで個展を開催、成功する。
1955年戦後、第1回の重要無形文化財保持者(人間国宝)(工芸技術部門陶芸民芸陶器)に認定。
1961年柳宗悦の流れをうけて民芸運動に熱心であり、日本民藝館の第2代館長に就任する。
1964年紫綬褒章。
1968年文化勲章を受章する。
1977年自ら蒐集した日本国内外の民芸品を展示する益子参考館を開館。
1978年益子にて没。
pagetop