藤本能道 (フジモトヨシミチ)

作家についての紹介/履歴

1919年東京・大久保に生まれる。
1931年東京美術学校工芸科図案部卒業後、文部省技術講習所に入所する。
1938年九谷焼系の色絵磁器の技法を習得する。
1946年日展、国展に初入選。
1965年日本工芸会東京支部展受賞、同年ジュネーブ国際陶芸展で銀賞(「赤絵大壷」)。その後も日本伝統工芸展等で作品を発表した。
1985年東京芸術大学教授を経て、5年間は学長を務めた。
1986年重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定。
1992年東京都葛飾区で逝去。
pagetop